第四番 施福寺(槇尾寺)

20回参拝
ーー

南北朝時代成立の寺史である『槇尾山大縁起』(正平15年・1360年書写)によると、施福寺は欽明天皇の時代、播磨国加古郡の行満上人が創建したものであるという。
空海は延暦12年(793年)、20歳の時、槇尾山寺において勤操(ごんそう)を導師として出家剃髪し、沙弥戒を受けたとする伝えがある。
役行者が書写した法華経の巻々を葛城山の各所の秘密の場所に埋納し、最後に埋めたのがこの山であったことから巻尾山(槇尾山)の名が付いたとする。
現在の本堂は弘化2年(1845年)の焼失後、安政年間(1854 – 1860年)に復興されたものである。本尊は弥勒菩薩、両脇に千手観音と文殊菩薩を安置し、このうち千手観音が西国三十三箇所の札所本尊となっている。西国札所巡礼の中興者とされる花山法皇を馬が道案内をしたと伝えられており、本尊と背中合わせの後堂(本堂の裏側)には馬頭観音が安置されている。
ーーー
非常にアクセスが悪くバスでは便数が少なく自家用車で行くのがベター!滝畑ダムから登山するという手もある。
駐車場は無料!
内陣は年に一回の公開だったが随時公開される様になった。拝観料500円。

オレンジバスで乗り換え2019.4.1から
http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/44/2019_4_1_orange_bus_makio.pdf

和泉中央駅から槇尾山口までバス
http://nankaibus.ekispert.net/dia/bustime/web/select_dest.cgi?code=1283700

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す