西国三十三所を歩くには

西国三十三所観音巡礼は元々、行者の通る道でした。なので厳しいのが普通なのですが、一応、巡礼の代表格である四国遍路と比べてみたら解りやすいと思います。四国遍路が1200km、西国は1000km。西国の特徴は札所と札所が離れている所が多いこと。一番札所の那智の青岸渡寺から熊野古道中辺路を通って紀伊田辺に抜けて熊野古道紀伊路を北上、和歌山の2番札所紀三井寺までが190kmもある。足の速い人で7日間はかかる。四国で言う遍路転がしが7日間続きます。ではゆっくりと歩いて行けばいいと思うだろうがそういう訳に行かないのである。宿が大雲取越えと小雲取越えの中間地点である小口、本宮大社近辺、近露に限られている。ちなみに本宮から近露までは相当な距離が有る。約25kmもある。山道ですからそんなにスピードは出せない。お四国の12番藤井寺から13番焼山寺までは13km、と考えてみたら解りやすいかも。近露から滝尻までが13km、滝尻から田辺までが20km。滝尻から田辺はバスで移動し田辺で宿泊が好ましい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す