第二十九番 松尾寺

17回参拝
ーー
 時に慶雲年中、唐の僧、威光上人が二つの峰を望んで、中国に山容の似た馬耳山という霊験のある山があったことを想起された。登山したところ、果 せるかな松の大樹の下に馬頭観音を感得し、草庵をを結ばれたのが、和銅元年(七〇八年)と伝えられる。
 爾来、今日まで千三百年を経ているが、その間、元永二年(一一一九年)には、鳥羽天皇の行幸があり、寺領四千石を給い、寺坊は六十五を数えて繁榮した。国宝の仏画も、美福門院の念持仏であったといわれる。
 その後、度重なる火災にあったが、その都度、細川幽斉や京極家によって復興され、現代の本堂は、牧野英成により享保十五年(一七三〇年)に修築された。

ーーー
阪急バスツアーで、、倉敷を6時30分発で着いたのが11時半。
松尾寺ホームページ
 

本堂には馬頭観音様がおられます。特別に真近くで観れました。
 

 

バスの移動が早いのでゆっくり見えません(笑)





大きな地図で見る

2012.4.22追加
阪急バスツアーで行って来ました。
倉敷を7時に出て着いたのが11時40分。(笑)


綺麗な本堂です。大好きな形。

桜が満開でした。運がいいですね〜(笑)

 

このお寺は徒歩巡礼の松尾心空師のお寺!御会い出来なかったのが少し残念でしたが徒歩巡礼のお気持ちは伝えて来ました。
そしてついに手に入れた(笑)師の著書で西国三十三所古道徒歩巡礼地図。
これからこれを眺めて当分楽しめます。(笑)

2013.3.28に行って来ました。
ビデオを撮って来ました。ぶれが酷いなぁ〜(汗)