国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史

2020.10月17日(土)から11月23日(月・祝)の間、和歌山県立博物館にて、特別展『国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史』が開催されます。
この特別展では、平安時代に描かれた国宝・粉河寺縁起絵巻のすべてを前期・後期に分けて展示公開するとともに、江戸時代に描かれた縁起絵や、貴重な仏画・仏像なども展示・紹介するそうです。
前期:10月17日~11月1日 国宝粉河寺縁起絵巻・前半「猟師による粉河寺創建譚」

後期:11月3日~11月23日 国宝粉河寺縁起絵巻・後半「長者娘の病を治す霊験譚」

休 館  日 月曜日(ただし11月23日は開館)

開館時間  9時30分~17時(入館は16時30分まで)

入 館 料 一般830円(680円) 大学生520円(410円)

※(  )内は20名以上の団体料金

高校生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方、県内在学中の外国人留学生は無料

主   催  和歌山県立博物館

詳しくは和歌山県立博物館

粉河寺縁起

国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史

関連記事はこちら

投稿者: 今井義信

西国三十三所観音巡礼20周目、徒歩で3周目

コメントを残す